羽毛ふとんについて

羽毛の品質について

ダックとグース、何が違うの?

羽毛の品質について

羽毛ふとんに使われている羽毛は、水鳥の種類、ダウンパワー、ゴールドラベルなどで、品質を比べることができます。

水鳥の種類とグレード

水鳥の種類

羽毛ふとんに使われる水鳥はグースとダックの2種類のみになります。 
日本語だと「グースはガチョウ」、「ダックはアヒル」のことです。

一般的にはダックよりもグースの方がダウンボールが大きいため、保温力と温度調整機能に優れています。
また、「マザー」と名の付く「マザーダック」「マザーグース」は長期間飼育されるため、ダウンボールが発達し、密度やコシがあります。



アイダーダック
アイダーダック

「ダック」と名がついていますが、羽毛の中でも最高級とされる水鳥の中でも特別な存在です。

極寒の地、アイスランド最北端の海岸線のみに生息する野生の特別保護対象の鴨で、厳しい気象条件の中で生活を行うアイダーダックは自らの羽毛をくちばしで取り巣作りを行います。
巣が強風に吹き飛ばされないように、先端がカギ状になっており、羽毛同士が絡み合って細かな空気の層を作るため、その保温性、弾力性、通気性は段違いです。また、通常の羽毛より保温力が高いため、驚くほど軽く暖かい羽毛布団に仕上がります。

アイダーダックは年間の採取量が極めて少なく、希少価値がとても高い羽毛です。一般的なダウンのように直接羽毛を取ることはできず、アイダーダックが巣作りして、巣立ったあとに残った羽毛を一部だけ採取することが許されているためです。
そのため、年間約3,000kg(ふとん約3,000枚)しか採取することができないため、羽毛の宝石と呼ばれています。



マザーグース
マザーグース

その言葉の通り親鳥からのみ採取される貴重なダウンです。
飼育期間が数年に渡り長期間になります。
そのため、十分に成熟したマザーグースから採取されるダウンは、ダウンボールが発達し密度、弾力性、かさ高性、保温性と、どれをとっても最高レベルで、羽毛ふとんの詰め物として最高の素材になります。

特にポーランドとハンガリーは、国策事業としてダウンの品種改良に努めてきた歴史と、水鳥を飼育するのに適した自然環境に恵まれているため、毎年高品質な羽毛を産出し世界的評価を得ています。

グース
グース

ガチョウから採取されるダウンになります。
グースはダックより体長が大きいためダウンボールも発達し大きくなります。
また、十分に成熟したグースから採取されるダウンは、発達し密度、弾力性、かさ高性、保温性が優れ羽毛ふとんの詰め物として最高の素材になります。
ダックダウンと比べると耐久性があり、匂いが少ないもの人気の秘密です。

ホワイトグースとシルバーグース(グレーグースとも言います)がありますが、色による保温性などの性能の差はありません。

マザーダック
マザーダック

ダックダウンの中でも特にダウンボールの大きなものをマザーダックダウンと言います。
マザーダックダウンは長期間飼育されるため、ダウンボールが発達し密度やコシがあります。
時間と手間をかけて丁寧に選別したマザーダックダウンは、グースダウンに劣らないかさ高性・弾力性・保温性・耐久性を誇ります。

ダック
ダック

アヒルから採取されるダウンになります。
羽毛ふとんに一番使われている種類です。
飼育期間が数ヶ月のため密度や弾力・かさ高性はグースダウンに劣りますが、採取量が安定しているため、羽毛ふとんの廉価品やダウンジャケットなどに多く使用されています。



ダウンパワーについて

ダウンパワー

ダウンパワーとは、1グラムあたり羽毛がどれだけ膨らんでいるか、どれほどの弾力性を持っているかを数値化したものです。
この数値が高いほど優れた保温性を持つ羽毛とされています。
(DPはダウンパワーの略になります)
左の写真(1gの比較)では右にいくほどダウンパワー値が大きく高品質なことがわかります。

<参考>
アパレル製品ではフィルパワー値が多く使われています。(1オンスあたりのかさ高性を表す数値)



ゴールドラベルについて

ゴールドラベルについて

ゴールドラベルとは羽毛布団に充填されているダウンの品質を示すラベルであり、日本羽毛製品協同組合(日羽協)により発行されています。具体的にはダウンパワー値により別けることができ、「プレミアムゴールド」、「ロイヤルゴールド」、「エクセルゴールド」、「ニューゴールドラベル」の4つのラベルがあります。

羽毛ふとんの選び方 無料サンプルプレゼント

商品検索

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ